グリーン購入大賞ロゴ

中之条電力の取組が評価され
「第17回グリーン購入大賞」の
大賞を受賞しました!



第17回グリーン購入大賞 「大賞」受賞
一般財団法人中之条電力の取組が評価され、第17回グリーン購入大賞(GREEN PURCHASING AWARD 2015)「大賞」を受賞しました。
主催: グリーン購入ネットワーク
表彰式: 2015年12月11日(金)東京ビックサイトで開催される「エコプロダクツ2015」で行われます。


受賞内容と評価ポイント
●大賞(民間団体・学校部門) 一般財団法人中之条電力
【タイトル】自治体主導の新電力設立と電力の地産地消の推進

 中之条町(群馬県)は、再生可能エネルギーを積極的に活用し、電力の地産地消の取り組みを通じて町の活性化をはかるため、平成25年に「再生可能エネルギーのまち中之条」宣言を採択し、再生可能エネルギー活用による地域創りを進めています。

 自然エネルギーから得られる電気を地域に供給するために、中之条町と(株)V-Powerとの共同出資により一般財団法人中之条電力を設立し、町を事業主体とする2か所の太陽光発電所を含め、町内 3箇所の太陽光発電施設からの電力を地域に供給する「電力の地産地消」を具現化しています。

 自治体を中心とした新電力会社の設立は国内で初めてで、町役場庁舎、総合体育館、小中学校などの公共施設に電力を供給しています。農業用水を利用した小水力発電事業も平成27年度に着工予定である他、森林資源を活用した木質バイオマス事業化検討も行っており、太陽光発電、小水力発電、木質バイオマス発電と、自律した電力の地産地消を推進しています。

≪評価ポイント≫
 東日本大震災をふまえ、自律した発電ならびに電力調達を実現するために、再生可能エネルギーに着目し、町として「再生可能エネルギーのまち中之条」宣言を採択し、再生可能エネルギーを活用した地域創りを進める着眼点が秀逸である。
 自治体主体の新電力供給による電力の地産地消は、送電時の効率性という観点からも素晴らしく、高く評価できる。太陽光による発電に留まらず、農業用水を活用した小水力発電の着工や森林資源を活用した木質バイオマス事業化の検討は、地域資源を活用した、電力やエネルギーなどの地産地消のあり方を示す取り組みで、他の地方公共団体が参考にできる好事例である。




一般財団法人 中之条電力 http://www.nakanojo-denryoku.jp/
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1091
電話:0279-75-3059  FAX:0279-75-6562